とふぉふぉ・・・

oriotia.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 28日

幸せになるために必要なこと

先週末、祖母にプレゼントを渡すために帰省してきました♪

 プレゼントは、デジタルフォトフレーム!
                 しかも 15 インチ!
                   ちょうど今、皆さんの目の前にあるPCスクリーンくらいの大きさ♪

  昔からのたくさんの写真を入れてプレゼントしたのですが、

   祖母はすごく喜んでくれました(^^

    フォトフレームも気に入ってくれたのですが、

     プレゼントを渡すために帰ってきたということを何よりうれしく思ってくれたようです。

     最近少し涙もろくなった祖母は、涙ぽろぽろでした。




年配の人ほどそうかもしれませんが、祖母は多くのことに深く感謝します。

  そんなときの祖母の顔を見ていると、

    「何かに心から感謝したとき、人は幸せになれるんやなぁ」 って感じます。

   どれだけたくさんの愛情を注がれたかということよりむしろ、

     どれだけ深く感謝することができるかということが大切なのだと感じます。


  なかにはたくさんの愛情を注がれていても、

   不満ばかりが募ったり、寂しくてより多くの愛情を求めるばかりで、

      満たされないという人もいます。


  「感謝」 って 愛情を受ける器 なんだと思います。

     だから 深く感謝できる人は、 大きな “器” を持っているから、

      注がれた愛情をきちんと受け止めることが出来て、

     感謝する習慣の薄い人は、いくら愛情を注がれても、

      それをきちんと受け止めることができていないのだと思います。


   そして 感謝 って正のスパイラルをもっていて、

    器で受けた愛情を、さらに誰かに注ぎ返すことで、

      自分の 愛情を受け止める器はますます大きくなっていて、

        さらに深く感謝し、幸せを知ることができるようになります。

     それは 誰かに愛情を注ぐことで、

       愛情を注いでいるときの自分の心持から、

       「人が愛情を注ぐときは、こんな温かい心でその人に接しているんだ」

        と知り、

        そして、自分に愛情を注いでくれている人の気持ちを、

                 より深く知ることができるからだと思います。


  だから幸せに、そして豊かな人生を送るためには、

   “感謝” という愛情を受け止める器 がなくてはならないと考えています。



 この “器” をきちんと築くためには、

  他の誰かに愛情を注ぐという経験がすごく大切だと思います。

   愛情を注ぐということがどういうことか、心で分かっていれば、

    だれかに愛情を注がれたときに、その “器” が自ずとつくられてゆきます。


 祖父が亡くなり、祖母の一人暮らしが始まりもう、8年が過ぎました。

  その間、携帯で毎日連絡するようになりました。

    このやり取りが如何に、祖母、僕のお互いを豊かにしてくれているかは、

     測り知れないほどだと思います♪

↓はデジカメを使う祖母♪ ピントぜんぜんあってません(^^;
c0163543_22554732.jpg

[PR]

by oriotia | 2010-01-28 23:03


<< 写真学校に通い始めました♪      顔 >>