とふぉふぉ・・・

oriotia.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 09日

“あいでんてぃてぃ”

久しぶりに何か書いてみようと思います♪

 僕は、横文字 おりまぜて話すことには抵抗があるのですが、

  横文字の中には、それに代わる日本語が無くて、

   ほぼ日本語として、日本語の中に存在している 横文字 も多くあります。

 そんな 横文字 の中で、僕がずいぶんと長い間、

  いまいち意味を掴みかねていた横文字が有り、

   それは “アイデンティティ” という言葉です。


 ただその意味を知ろうと きちんと考えたことがこれまでありませんでした。


 そんな中、昨晩、人と電話で話しているときに、

   僕が、

     「学歴の話したがる人の気持ちが全く分からない訳
              じゃないけど、あんまり好きじゃないなぁ・・・」

   って話したとき、相手から

     「別にいいんじゃない。学歴も一つのアイデンティティなんだから。」

    という言葉返って来ました。


  この言葉を聞いた瞬間に、すごく大きな違和感を覚えました。

   感覚として、 学歴 は アイデンティティ ではないということが明確になった瞬間でした。

    でもきちんとそれを説明する言葉がそのときとっさには出てきませんでした。



  そこでひとまず、 アイデンティティ という言葉を

   ネット辞書で調べてみました。

    『 アイデンティティ = 同一性 』

    ということでした。

   すご~く、端的に言ってしまえば、 

         アイデンティティというのは、   「 私は、私だ。 」 と言い切れる

           絶対的な自己を表すのだと言えると思います。

     アイデンティティ という言葉にとって、 

        この 『絶対的な自己』 が不可欠な要素なのだと思います。

     なので、当たり前ですが、

      人より容姿が優れているとか、 人より勉強が得意だとかといった、

          『相対的な自己』 はアイデンティティとは相反するものだと言えると思います。

 

    先に書いた、僕が違和感を感じた、

     「学歴も一つのアイデンティティなんだから」 という言葉に戻ると、

     学歴を語る人は、その時、暗に何を意図しているのかということが重要です。

      その意図は、多くの場合、

       自分の能力が他の多くの人より優れているということを知ってもらいたい

        ということです。

          完全に、相対的に見た自分についての話 です。


      でもこういった意図を前面に出して、話すことは憚られるので、

       学歴は、あたかもアイデンティティの一つのようにして
 
                     語ってしまわれているということだと思います。

      学歴に自信のある人が、学歴の話をしたくなってしまったり、

        学歴話になると心を、こちょこちょっとくすぐられてしまうのは、よく分かります。

       でもその心の揺らぎは、間違いなく、優越感を感じたいという甘え です。

       この甘えを持つことが悪いわけではありません。

        学歴に自信のある人の多くにとって、

          この 甘え から完全に開放されることは非常に困難なことです。

        ただこの 甘え を感じることを戒める気持ちを持つ努力をしなければ、

          アイデンティティ、つまりは 絶対的な自己 を発見することは

                           できないのではないかと僕は考えています。


 久々に考えたことを書いてみました(^^

   やっぱり書くのは楽しいなぁって感じました♪
[PR]

by oriotia | 2010-06-09 22:12


     ここのところ >>