<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

高校の同窓会、行ってきました♪

同窓会行ってきました♪
30日、大阪の難波で、高校時代の同窓会がありました。
数人とはちょくちょく会ってましたが、
大部分とはもう8年ぶりです。

担任の先生も参加してくれていて、
僕が先生に、「先生、全然変わってないですねぇ♪」って言うと
先生から、「お前らは年とったなぁ(-◎ω◎-) 」って返ってきました(^^;

高校の同級生には、僕が初めて付き合った女性がいます。
実は久しぶりの再会に内心ドキドキしてました(^^#
同窓会の会場に入ると、既に20人ほどが集まっていて
完全に女性陣、男性陣が別れて座っていました・・・
思い出してみれば、あんまり男女の交流のなかったクラスだったので
当然かなぁって思いました。

そして見つけました!その女性を!
チラッと横顔が見えただけでしたが、僕は確信しました!
僕は、ちょうど彼女の背中が見える席に座りました。
目の前の久しぶりに再会した友達と楽しく話しながらも、
チラチラと彼女の背中に目が行ってしまいました・・・(#^^#

後でどんな話をしようかなぁとか色々と考えながら一時間ほど経った頃、
幹事の友達が僕のところにやってきました。
そして彼の第一声が、
「○○○ちゃん(その女性)来られへんって。かつやくん、残念やなぁ(^3^」
でした。 すぐさま僕は
「何言うてんの!? すぐ後ろにおるやん(#^^#)」
って言うと、幹事の彼から
「あれは△△△ちゃんやで! かつやくん、顔忘れてるやんo(>▽<o)」
って言葉が返ってきました。。。
   別人でした・・・m(__)m

見間違えた自分にガッカリです(--;

みんな外見的にはあんまり変わっていませんでしたが、
社会人経験を積み、だいぶ大人びた表情を見せるようになってました。
今後は2,3年に一度、同窓会したいなぁって思いました。


今は祖母、父母、叔母、弟、妹と紅白、見ています♪
特に紅白が好きってわけではないですが、
今年も一緒に紅白を見れるってことに幸せを感じてます(^^
[PR]

by oriotia | 2008-12-31 20:31
2008年 12月 29日

僕の見た、韓国と日本の同年代

一つ前のブログに僕が韓国人寮で生活したときのことを書きました。
そのときたくさんの韓国の同年代と接し、強く感じたことがあります。
それは 「韓国の同年代は、たくさんの葛藤をしている」 ということです。

葛藤は、自分の心の中で様々な視点を戦わせながら、
答えを絞り出そうとする作業だと思います。
心の中で葛藤を繰り返すことで、物事を見る視点が増え、深まり、
結果的に 「人」 に対する理解が深まるのではないかと、僕は思ってます。

僕の感じた、韓国の同年代が多く葛藤している主な理由は、

 ・韓国経済に対する不安を強く抱いていること
 ・戦争で韓国に残酷な仕打ちを与えた日本が経済的に、より恵まれ、
  且つ「竹島」の領有権を主張していることに対して理不尽さを感じていること
 ・韓国ではメディアの情報操作がなされていると考え、
  自分の有する情報に、大なり小なり、疑いを抱いていること

です。
同年代に関して、韓国人は、日本人よりも懐の深い人が多いと感じました。
これは韓国人の方が、多くの葛藤を経験してきているからだと思います。
その結果、韓国の同年代は語るべき言葉を多くもっているのではないでしょうか。

僕は心の成長に、「葛藤」 は不可欠であると思ってます。
しかし日本は豊かになり、物や情報が簡単に得られるようになったことで、
心に浮かんだ葛藤に顔を背けることが、簡単にできるようになって
しまったのかもしれません。
また葛藤は、十代のうちに多くしておいた方がいいと思ってるんですが、
取り分け都会では、心に入ってくる雑音が大きく、多すぎて、
より難しくなるように感じてます。

僕は学生時代、東京で塾の講師をしていたんですが、
少なくない男の子、女の子が中学生の時点で既に、
自分に一番よく似合う髪形・服装に辿りついていました。
これがただただ悪いということはないと思うんですが、
自分の外観を良く見せられる段階までに至る過程での大きな葛藤は、
心の成長にとって重要な葛藤の一つでだと思うんです。
それが外観を良く見せる容易な答えが身近にあることで、
不十分なままで終わってしまうのではないかと心配になります。

ただこのような問題は、僕自身にも当てはまることなので、
自分の物事の見方をときどき省みないといけないなぁって思ってます!
僕がこんな風に考えるきっかけを与えてくれた、
韓国の同年代の友人たちにはすごく感謝してます♪


先日、ブログに、「きちんと見据えている」ってコメントをもらい、
うれしくなり、調子にのって二連続で長々書いちゃいました(^^#
[PR]

by oriotia | 2008-12-29 18:59
2008年 12月 29日

韓国人寮での生活

僕は大学院1年生の頃、フィリピンに英語留学しました。
期間は、2ヶ月です!
「どうしてフィリピンで英語なの?」 って思いますよね(^^;
実はフィリピンでは第二公用語が英語なんです♪
フィリピンは大小数十の島からなり、
およそ90もの言語が存在するらしいです。
なのでアメリカによる植民地時代に普及した英語を
現在では第二公用語としているということです。

このことは日本ではあまり知られていません。
でも韓国ではこのことが比較的よく知られています。
韓国の学生の多くが、フィリピンを英語留学の第一ステップ、
そして第二ステップとしてカナダに留学します。

そんなわけで、僕が留学したフィリピンの英語学校には
韓国人寮が併設されており、500人の生徒のうち、
490人ほどが韓国人、残り10人強が日本人やったんです(^^

日本人は基本的に、学校周辺のホテルで生活していたんですが、
僕は日本人としては一人、韓国人寮で暮らしました。
初めはちょっとした嫌がらせを受けたりもしましたが、
結果的には深く信頼関係を築くことができました。

ちょっとした嫌がらせを乗り越えた後、
二週間ほどは二晩とあけず電話で呼び出され、
「君の竹島についての意見を聞かせてくれ!」
と投げかけられました。
当然のことながら僕には彼らを満足させられる言葉も、
納得させる言葉も持っていませんでした。
なので毎晩のように彼らの話を、
その話が尽きるまで聞き続けました。
初めは、僕と彼らの間には「竹島」という問題しかありません
でしたが、徐々に共有・共感できるものが増えてゆきました。
そして次第と、「韓国と日本の間には問題が存在するが、
憎み合う必要はない。」と感じてくれる人が増えてきました。
日本への嫌悪感が払拭されたわけではありませんが、
僕を日本人としてではなく、同じ人として認識してくれるよう
になったということだとその時感じました。
もちろん「君のことは嫌いじゃないが、日本人はやっぱり好き
にはなれない。」と言う人も多くいました。
これはすごく素直な気持ちだと思います。

韓国と日本の間には、今、大きな問題があって、
手を取り合うことは簡単なことではないと思います。
でも人と人として接する機会が極端に不足しているだけで、
もっと分かり合える存在であることを忘れてはならないと思います。

日本では、韓国や中国の方のことを
頭ごなしに否定する人たちがいます。
そのような方々の多くは、韓国や中国の方々と人対人として
接した経験があまりないのだと思います。
先入観で拒否することはせず、同じ人として向き合って
もらいたいなぁって思います。

長くなりました・・・(^^;
[PR]

by oriotia | 2008-12-29 00:40
2008年 12月 27日

初恋の人に会ってきました♪

昨晩、幼馴染(♂)と僕の初恋の人と
その友人の女の子の四人でご飯にいってきました♪
初恋の人との出会いは、僕の小学校4年生のときの転校でした。
引越し先のご近所さんとして、その子がいたんです(^^
男の子の中に混ざって、ドッヂボールをするような活発な女の子でした。

そして昨日は、中学校以来、およそ12年ぶりの再会やったんです♪
僕の記憶では活発なチャキチャキした人って印象だったんですが、
久しぶりに会ったその子はすごくおっとりした、柔らかい雰囲気でした。
思い返してみると、中学の頃はお互いほとんど話さなかったし、
僕のもっていた印象は小学校のドッヂボールしてた
頃のままで止まってたみたいです。

その子の嫌いな男性のタイプは

 ・キザな人(鏡を見ては、髪型を直してばかりいる人)
 ・潔癖症な人

でした。キザな人が好きな人ってあんまりいないですよね(^^;

久しぶりの再会でいろんな話ができて楽しかった♪
また帰省した時に、ちょくちょく会えたらなぁって思ってます。
僕の幼馴染(♂)はもう一人の女の子のことをすごく気に入ったみたいで、
飲み会後、「ええ飲み会やったわぁ~」ってご満悦でした(^^@
[PR]

by oriotia | 2008-12-27 11:51
2008年 12月 25日

2009 年賀状

僕は毎年、年賀状の絵をどんなにしようか

考えるのが好きです(^^

今年は下の二つの絵柄を中心に送り先を

考慮しつつどちらかを送ろうと思ってます♪

【一つ目 なぞなぞバージョン】
※下の絵は「ウシ」を表しています。
なぜこれで「ウシ」なのかお時間があったら考えてみてください(^^
c0163543_23514862.jpg


【二つ目 これもなぞなぞ】
※下の絵は、今の経済状況が良くなりますようにという願いを込めて描きました。
こっちの答えは 「ケーキ(景気)回復」 です。
c0163543_23541658.jpg



しょうもないなぞなぞですみません(^^;

こういうの考えるのけっこう好きなんです(^^@
[PR]

by oriotia | 2008-12-25 23:56
2008年 12月 24日

クリスマス・イブ ⇒ 帰省

今日はクリスマス・イブです♪

僕はたぶん単純な方なんで、「今日はクリスマス・イブや!」って

思うだけでちょっと楽しくなります。

でも特に何にもありません(^^;

僕の働く製造部は、この不況のあおりを受けて、

既に冬休みに入っています。

今日、大阪行きの夜行バスがとれたので

もう帰省してしまうことにしました!

この時期は夜行バスは混むんですが、

さすがに今日は若干の余裕があるようです。

そんな今日、予約ができることに喜び(切なさ?)

を感じつつ和歌山に帰ります。


そういえばさっきセブンイレブンに行ったら、

レジの女の子がサンタさんの格好してました。

かわいかったです(#--#

これから帰る準備しま~す♪♪♪
[PR]

by oriotia | 2008-12-24 19:34
2008年 12月 20日

『ドリームプラン・プレゼンテーション2008-予選会-』行ってきました♪

昨日、ドリームプランプレゼンテーションの予選会に行ってきました(^^@
昨日の予選会では20人の方がプレゼンし、ここで選ばれた8人だけ
が今日、20日の本選に進むことができます。
予選会の客席は、基本的にはこの催しのスタッフと発表者の関係者のみで、
あとは審査員として日本の若手有名社長らがズラッと20名、並んでました。
客席にもその言動から、若手社長と思われる人がかなりたくさんいました。
「若手社長がいっぱい」 には理由があって、開催最高責任者である 
『福島正伸さん』 は日本の若手企業家を応援するカリスマ的な存在だから
なようです。

プレゼンは12時過ぎに、1人目の方が始まり、最後の20人目の方が
終わったのは17過ぎでした。
驚くことにこの5時間の間、惹き付けられ続けました!
僕は “熱い” という言葉を多用するのは抵抗がありますが、
本当に熱かった!!!
あんなに 「思い」 のあふれ出るプレゼンを聴いたのは初めてです!
そして全てのプレゼンの 「この世界をもっと豊かなものにしたい」という
熱い思いに、心が大きく揺さぶられました。
聞きながら、僕自身、人の心を豊かにすることを
何かしたいと素直に思いました。
今年は発表者の一人の方に誘っていただき、無料で予選会を聞くことが
できましたが、来年はチケット代1万円を払ってでも見たい!って思いました。

そしてこのドリームプランプレゼンテーションには、先に書いた福島さんの
「大人が夢を語れる世界にしたい。大人が夢を語れるようになれば、
世界はもっともっと豊かになる」 という思いが込められています。
20人のプレゼンターが、夢を語る姿を目にしているだけでも、
僕は気持ちや志が豊かになったと感じています。
プレゼン技術が決して高いわけではありません。
「プレゼンに込められた思い」 というより、
さらに 「プレゼンターからあふれ出てくる思い」 が本当に真直ぐで大きかった。
こういうプレゼンこそ、“素晴らしい” というに値するのだと思いました。

僕も “夢” をもちたいと思いました。
これから日々の生活の中で自分の夢というものを探していこうと思います。
[PR]

by oriotia | 2008-12-20 13:30
2008年 12月 15日

一人称が “ 僕 ”

2,3日前のブログで書きましたが、
僕はず~っと、どんなシチュエーションでも、一人称として “僕” を使ってきました。
これって、何てことはないようで、実はものすごく大きな意味をもっていると思ってます。

男性の場合、小学校に上がる前くらいまでは、ほぼ全ての子が “僕” を使います。
そして小学校の学年が上がるに連れ、 “オレ” を使う子が増え、
小学校を卒業する頃には、ほぼ全ての子が “オレ” を使うようになります。
この頃になると、一人称として、“僕” しか使わない子はほとんどいません。

僕は、どの一人称を使うかで、その人の人格は変化するって思ってます。
もし僕が一人称として、“オレ” を使うようになったら間違いなく性格は変わると思います。
そして一人称で、“僕” と “オレ” を使いわける人は、それぞれの一人称を使っている時
で性格(雰囲気)が大きく変わっていると思うんです。

周囲の “僕” と “オレ” を使い分ける人を観察していると、
“僕” は他の人の考え方の理解に力を注いでいるときや、
客観的に物事を捉えようとしているときに多用されているように思います。
逆に “オレ” は自分の考えを強く主張したり、主観的に語る場合などに
多用されているように思います。

“僕”、 “オレ” どちらにも使い手・聞き手に与えるそれぞれの影響があるので、
使い分けることで、うまく自分自身を表現できるのかもしれません。

ここでちょっと同じ文章を “僕” と “オレ” を使って書いてみます。

  ----------------------------------------------------------------------------
  僕の書く文章の印象は、僕が僕自身に持っている印象よりも・・・
  ----------------------------------------------------------------------------
  オレの書く文章の印象は、オレがオレ自身に持っている印象よりも・・・
  ----------------------------------------------------------------------------

この二つの文章で受ける印象って、ある意味天と地とほど違うんじゃないでしょうか。
“僕” を使った場合は、謙虚で大人しい感じ、
“オレ” を使った場合は、ちょい自己中で、若干自分に酔っちゃってる感じ(^^#

この二つの違いは、聞き手だけに認識されるものではなく、
その言葉を発している人にも影響を与えていると思います。
つまり、“僕” を意識して使うようにすると、言動が控えめになり、
“オレ” を意識して使うようにすると、強く主張ができるようになると思います。

なのでもし僕が、“僕” ではなく “オレ” を使うようになっていたなら、
今とはずい分と違った性格になっていたと思います。

ただ僕の場合、一人称で“僕”を使うことは、僕の性格(考え方)の副産物のような
気がしているので、“オレ”中心にはなり得なかったようにも思っています。

なんかすごく分かりづらい内容になっちゃったと思うんですが、
その人がどの一人称を使うかってことは、その人の性格や、
もしかしたら歩む道にまで影響するんじゃなかろうかって僕は考えてます!
[PR]

by oriotia | 2008-12-15 22:56
2008年 12月 14日

バスケ@平塚

今日はいつもバスケ練習に参加しているところとは
別の集まりに参加してきました。
場所は平塚で、今回集まった人数も11人で少なめでした。
そのため休憩できず、僕はバテバテ・・・(^^;

そんな20代でも体力がイマイチな僕に対し、
“マサカリ投法” の村田兆治さんはすごいです!!!
ヤフーニュースでさっき見たんですが、
59歳にして、球速141キロをマークしたそうです!!!

ほんますごすぎです・・・超人と言うにふさわしいと思います(--
僕の野球は草野球レベルですが、その中では球が速い方です。
それでも思いっきり投げても、120キロ出ません・・・
高校野球をやっていた人でも120キロを越える人は1割いないと思います。

村田兆治さんはほんまにすごいです。
そしてこれだけの偉業を達成することのできる人って
それだけの哲学や人間性を持ち合わせているんだと思います。
村田兆治さんって魅力的な人なんやろなぁ(#--#
[PR]

by oriotia | 2008-12-14 23:19
2008年 12月 14日

弟の彼女

弟と二日前の金曜にご飯食べに行こうって約束をしてたんですが、
その日の朝になって弟から、 「彼女も連れて行くわ!」 って
メールが入ったんです。

 オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

ぼく、 もうめちゃめちゃ ビックリしました。。。
普通ならよくあることなんだと思いますが、
弟は自分の異性関係を話すのをホントに毛嫌いするので、
弟の彼女の話なんてしたことがなかったんです。
僕が 「○○(弟の名前)、今テレビ出てたタレントさん、かわいいなぁ」 
なんて言おうものなら 「そんな話したないわ!(怒)」 
って返ってくるくらい異性の話を嫌がります(--;
弟はなかなかハンサムで、話もおもしろいのでモテると思うんですが、
今までいつ彼女がいたのかさえ僕は知りません。

そんな弟が自ら彼女の話をするだけでなく、
僕に会わせるって言い出したんです(--
僕はひとしきりビックリした後、色々なパターンを想像しました。

 ・弟のメールの送り先間違い
 ・会いに行ったら弟と僕の共通の友達が登場(妹とか)
 ・単なる冗談   などなど

でも約束の場所にゆくと、本当に弟と見知らぬ女性が一緒に立っていました。
生まれて初めて見る 『弟の彼女』 です。
彼女は長身でスラッとしており、なかなかしっかりしていて、また愛嬌もありました。

そんなわけで、
弟には魅力的な彼女さんがいることを知りました♪

妹には長く付き合っている彼氏がいます!

そして僕は大きな喜びと、少し大きくなった孤独を感じています( ̄o ̄)

近い将来弟や妹が夫婦で、僕の甥や姪をつれてやってきて

弟・妹: 「お兄ちゃんも、はよ結婚せえなあかんで♪(*^▽^*)」

なんて言われる日が来そうで、ちょっとこわいです(´・ω・`)
これを回避するためにも女性との接点がない現状を変えないとなぁ
って強く思った1日でした。
[PR]

by oriotia | 2008-12-14 11:52