<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

きれいな心

何度も書いてる、行きつけの飲み屋さんの話をまた書きます♪

以前、その飲み屋さんのママ、奈々江さんとそのご主人は

       すごく清らかな意志をもった人なんです って書きました。

    僕はそんなお二人や、そこに集まってくるお客さんたちが大好きです。

僕は毎週水曜日に、お店に顔を出すんですが、

 先週は珍しく、水曜に行けず、金曜に顔を出しました。

  その金曜日、いつもどおりに年季の入った戸を開け、暖簾をくぐりながら、

   「こんにちは~♪」

   って声をかけ、頭を上げると、じぃーーーっと奈々江さんが僕の顔を見て、

    数秒、間があいたあと、

   「ホッとした。」

    って言ってくれました。

  僕は奈々江さんがどうして、ホッとしたのかが分かるまで、数秒かかりました。

    本当によくしてくれる奈々江さんにも、旦那さんにも、常連さんたちにも本当に感謝してます。


  この日は最後、奈々江さん、旦那さん、僕の三人になり、

   お店を閉めた後も、店の片づけをしながら、一時間ほど三人で色々と話しました。

  その話の中で、 旦那さんがいい感じに酔いながら、こんなことを言いました。

   「20周年の記念祝典が、一番の “花” だったなぁ。」

  すると、奈々江さんも、

   「そうだねぇ。」

   って懐かしそうに相槌を打ちました。

  どんなお祝いの様子だったのか、すごく知りたくなって、

   色々と 20周年の記念祝典 について尋ねたんですが、

     予想以上・・・  というか、想像とは規模が全然別物で、ビックリしました!


   祝典に参加した人・・・  250人以上

     雨対策に巨大なテントを貼り、

        演歌歌手を呼び、

          町長さんの挨拶があり、

              ステージを作り、、、 その上には奈々江さんと、旦那さん♪

                      花火を打ち上げた

                                ・・・・・・・・・ということです。

    そして何より驚いたことは、演歌歌手を奈々江さんたちが呼んだ以外は、

     全てお客さんたちが、お金を出し、 時間を割き、、、 準備してくれたということです・・・

   今もお店を訪れる、いつもは着の身着のままな、常連さんたちが、

       スーツを着て、祝典の受付役を買って出ていたようです(^^@

    話を聞きながら、祝典の様子を想像しただけでも、 心がおどりましたー♪


   こんな盛大な 記念祝典を、お客さんが開いてくれる お店って他にあるんでしょうか???

    この話からも、如何に奈々江さん、旦那さんが、

      まっとうに、思いやりをもって、誇り高く生きてこられたかが、よく分かります。

     人を愛することができる、お二人だからこそ、

       多くの方から愛されているのだと思います。

   そんなお二人に、出会えて僕は幸せです。

    お店はもうあと長くても、1年は続けない、とのことです。

      年齢がお二人とも、70歳を越えていて、体にこたえるとのことです。

        すごく残念ですが、お店最後の日まで、一緒に時間を過ごさせてもらいます。

   そしてその後も、なんらかの形で、交流を続けてゆけたら、、、って思ってます(^^
[PR]

by oriotia | 2009-06-30 22:28
2009年 06月 25日

魅力としての“腕力”

前々回の分で、

   「もう少しきちんとかけばよかったなぁ、
                  気持ちを害した人もいるだろうなぁ。」

   って思っているところがあり、そこのところの補足(?)をちょっとだけ書いてみます。

その分で、

   ----------------------------------------------------------------------

        悪ぶっていたり、暴力的な男性は案外よくもてる

   ----------------------------------------------------------------------

 って書きました。
  この部分をもう少し丁寧に書くと、

   ----------------------------------------------------------------------

        男性も女性も、
           悪ぶっていたり、暴力的な男性に惹かれることが
              本人が意識している“好み”とは独立して、案外多い

   ----------------------------------------------------------------------

   となり、こちらの方が僕の思っていることに近いんです。

 猿などの動物の群れでは、このような性格がよくわかるように思います。
   腕力の強い者が性別関係なく、その群れのものをよくも悪くもひきつけます。

    腕力が強いと認識されるには、
     言葉が露骨になってしまいますが、暴力を発揮する場が必要です。

  もちろん人の理性や社会は、他の動物よりも複雑に築き上げられているので、
    “腕力がある” ということが直接、人に対する好みにまで達するかは別ですが、

   本能的に “腕力がある” ということに引き付けられるというのは、
     他の動物であれ、人であれ、変わりはないと思っています。


 このことは、僕は実体験でも感じています。

  ただ、僕は、暴力に対して嫌悪感の強い方だと思います。

   僕の育った辺りは、“暴力” に触れる機会の多いところだったので、
    僕は小さい頃から、
      「暴力的な人にペコペコし、非暴力的な人に横柄になるということは絶対にしない」
     と決めて生活してきました。

   これはある種の、僕の “好み” です。

   そんな“好み”であっても、暴力的な人に引かれる気持ちが多少ありました。
     これは動物的な感受性みたいなもんだろうか・・・って思っています。

  もう少し具体的には、味方として暴力的な人が傍らにいると、
    特有の 安心感 や 頼もしさ を感じました。

 そのような経験も有り、

  僕は、男性も女性も、人は “暴力的な人” に惹かれる要素を持っていると考えています。

 なので、悪ぶっている人たちが、モテル ということに、
   「なんだかなぁ」って思う部分もあるけど、 妙に納得できてしまったりもします。


  人の 「好み」 って、その発生の根本は、他の動物たちとも変わりないのだと思いますが、
   人が持つ膨大な理性(←変な言葉かも・・・)で、様々に変化し、
      多様な、「好み」 が生まれているのだと思います。

    そこが それぞれの人 のおもしろいところだなぁって思います。
[PR]

by oriotia | 2009-06-25 00:48
2009年 06月 17日

“顔”

何度も書いていますが、僕は週に一度は 『奈々江』 に通ってます♪

 そこでは僕はもっぱら聞き役です。

 知った顔の常連さんといつも一緒に飲むので、

  以前聞いた話を聞くことも度々あります。

でも、全然それが苦痛じゃないんです!

 自分でも不思議なくらい、以前聞いた話でも、気持ちよく聞けます。

   その理由は、うすうす気づいていたんですが、

  司馬遼太郎さんの全講演の1巻を読んでいるとき、

   「 そうか!!! 」 って思った瞬間があったんです!

  そのとき読んだ内容はこんな感じでした。

  -----------------------------------------------------------------------
   人は40歳を過ぎれば、自分の顔に責任をもたねばらない。
     なぜならそれくらいの歳になれば、
      その人がこれまでどう生きてきたかが、顔に現れるからだ。
      (ここまではリンカーン大統領の言葉)

   ○○さん(司馬さんの先輩)の顔には、○○さんのこれまで貫いてきた生き方が現れている。
     それは、荒波が打ちつけ、長い年月をかけて、生み出した岩肌、
   自然によって生み出された造形に似ている。
  -----------------------------------------------------------------------

  このような内容を読んだとき、奈々江さんや旦那さん、常連さんたちに

   僕が魅了される一番の理由が、これだ!って確信しました♪

  奈々江さんたちの “顔” から、

   色々なことがとめどなく伝わってきて、僕を飽きさせることがないんです(^^

    その伝わってくるものは、言葉よりも遥かに説得力があります。

 特に僕は、奈々江さん と ご主人の 顔 が好きです。

   すごくまっとうに、そして強く清らかな意志をもって

        人生を歩んでこられたことが伝わってくるんです。

  若い人にはどうしてももつことができない、年配の方の魅力だなぁって思います。

    でも若い時代にどうあるかって、

     将来の自分の“顔”に大きく影響するんでしょうねー(--)
c0163543_21592079.jpg

[PR]

by oriotia | 2009-06-17 22:06
2009年 06月 14日

“男らしさ”

きのう女性二人と話す機会があったんですが、
  その話の中で、好みの男性の話になり、
    二人とも迷うことなく、  「男らしい人!!!」ってことでした。

   ぐぃぐぃ引っ張っていってくれたり、
     お昼ごはんを食べるところを迷うことなく選んでくれたり、
        車の運転が上手かったり、、、
                              などなどでした。

好みの異性の話でいつも思うのが、ときどき(よく)思うのが、
   ↑「いつも」ではなく「ときどき(よく)」程度でした。すごく誤解を与えますね・・・
 男性にしても、女性にしても、
   表面的な 女性らしさ や 男性らしさ に引かれがちだなぁってことです。

 男性の場合は、学生の頃(社会に出てからも?)、少し悪ぶるともてるようになるし、
   暴力的な男性って、実はよくもてます。

 女性の場合も同じような例があるんだと思います。
  そういう例については、女性の方がよく知ってるんだと思います。


 僕が、“男らしさ” について考えさせられたのは、
              中学でバスケ部に入ったときでした。

  僕の育った地域は、ケンカなどの多い、少し荒れた地域で、
    バスケ部はいわゆる、「たまり場」 になっていました。

  当時、今でも人気のある漫画、『スラムダンク』の影響で、
        35人ほどがそのバスケ部に入部したんですが、
           初日の練習から、上級生からの いびり が多く大変で、
            2日目になると、15人に減っていました。

   そのとき辞めていった大部分が、それまで 「オレは強い」
              と言葉でも外見でも主張していた子達でした。
           大した反発もすることなく、す、すーーーっと消えていきました。
    そして「強い」と主張する子達に、よく泣かされていた子達は、
      初日の練習中、何回も泣かされていたにもかかわらず、
        次の日も、また次の日も、部活にやってきました。

  それを見ていて、

   「表面的な男らしさを、一生懸命主張する人はあんまり男らしくないなぁ」

  って思うようになり、
    また何度泣いても次の日やってる子達は、
         根性あるなぁ、男らしいなぁって思うようになりました。

  僕が男らしさを感じたその子達は、
       今もパッと見は男らしさが分かりづらいと思います。
    でもそういう人と長く付き合ったり、
          結婚したりするとその男らしさがわかるんじゃないのかなぁって思います。

  もちろん、表面的にも、内面的にも男らしい人もいますが、
    表面的な男らしさって、単なる、自己中心的な性格の場合も多いように思います。
[PR]

by oriotia | 2009-06-14 22:21
2009年 06月 09日

矛先

「矛先を変える」って言葉は、けっこうよく使われる言葉だと思います。

 でも “矛先” って変えても、まずいいことってないように思います。

   その理由は、矛先を変える理由って、ほぼ全て、自分を守るためだからです。

  矛先を変えることで、相手に言い勝とうとしたり、、、

                   強く当たりやすい人に対しストレスを発散したり、、、

    どの場合も、自分を優位な立場に置こうとするということだと思います。

  人と人との交わりにおいて、相手よりも優位な立場に立とうとすることは、

     人間関係を築き、互いに人間性を広げてゆこうとする場合、益はないんじゃないでしょうか(--

 また矛先を変えるということは、

        その人は、なりふり構わず何かを守ろうとしているということだと思います。

     ただ矛先を変えた時点で、主題がズレてしまっているので、

                 さらに応酬するということは、全く無意味です。

        残るのは、人間関係の溝にしかならない、勝ち負け。。。

こんな風に僕は考えていて、矛先を変えていると感じたら、議論はしないようにしています。

   ただ今日は仕事の話の中で、矛先が変わっていると感じていたのに、

           ある言葉を浴びせられた直後、頭に血が上るのを感じました。

      10秒近く、その状態が続いたと思います。

    その彼の真意はよく分かっていて、

     そんなことを言いたかったわけではないってこともよくわかっているのに、

        頭に血が上りました。

      真意など関係なく、その言葉が僕の頭に血を上らせる記号のような言葉だったのだと思います。

   またその言葉は、僕がこだわっている部分、

             優越感や劣等感を感じている部分に対して鋭利な言葉だったのだと思います。

     僕の弱さが存在してるのが、その部分だったとも言えるかもしれません。

       言葉を噛み砕く前に、感情が立ってしまう・・・ ちょっと情けないなぁ(--;

   心が揺れる瞬間って、自分のことがよく分かる瞬間だなぁって思います。
[PR]

by oriotia | 2009-06-09 00:11
2009年 06月 03日

飲み屋のママさん

今日も毎週通ってるホルモン焼きのお店にのみに行き、

その後、いつもそこで一緒になる人に連れってもらって

初めてのお店に行ってきました♪

この頃、僕がよく行く、もしくは連れってもらう飲み屋さんは、

常連さん中心のところが多く、そういう飲み屋さんでは、

ママさんと話す機会が多くあります。

そしていつも思うのは、飲み屋のママさんって魅力的な人が多いなぁってことなんです。

人って酔っ払うと、多かれ少なかれ、わがままになるように思います。

しゃべりたがりになったり、、、

  お説教したがりになったり、、、、   嘆きたがりになったり、、、

だから酔っ払った人をシラフのまま対応するって、けっこうストレスのかかることだと思います。

それを日常的にできる、飲み屋のママさんたちは、

人に対して優しい人が多いような気がしてます。

 酔っ払いに対して、 「うるさい!!!」って一蹴するんじゃなくて、

  「はいはい(^^)」 って対応してくれる、懐の深さがある人が多いように感じるんです。

 最近、飲み屋さんに入り浸りになりそうな、自分がいます(^^;
[PR]

by oriotia | 2009-06-03 23:49